淀川区の税理士

会計税務顧問のサービス内容

会計税務顧問の具体的なサービス内容は次のとおりです。


 当事務所では1人で営んでいる事業所から、従業員50人程度までの事業所を対象に次の業務を行っております。

  月次決算及び月次監査業務

基本的に毎月〜3ヶ月に1度ご訪問し月々の試算表を作成致します。また必要に応じキャッシュフロー計算書や資金繰り表の作成、経営計画書の作成サポートも行います。現状を分析し、異常値があれば早急な対策を立て、ご提案いたします。

 税務申告書・決算書作成業務

法人税申告書、消費税申告書、地方税申告書、個人確定申告書及び決算書を作成致します。決算3ヶ月程度前から利益予想、納税予想を行い、急な納税資金の確保に困ることがないよう計画を立てます。

 各種申請書・届出書作成業務

税法上の申請・届出は重要です。一枚の届出書を提出しなかっただけで税額が大きく変わることもあります。貴社に代わって無駄な税金を払うことが無いよう最適な申請を行います。

 税務調査立会業務

通常3〜5年おきに税務調査が行われます。その際、会社にとって不利な扱いを受けないようサポートを行います。

 給与計算・年末調整業務

労働法は毎年改正され、その度に社会保険料率が変更されます。また提出する書類も数多くあります。給与計算・年末調整業務をアウトソースすることで業務の効率化が図れます。

 社会保険届出・労働保険申告業務

当然ですが社会保険料は従業員の方々から適正に徴収しなければなりません。間違った社会保険料を給料から天引きしていては後々トラブルになることもあります。

 償却資産課税台帳作成業務

償却資産税とは、事業に使っている償却資産に対して課税される固定資産税のことです。毎年1月末までに提出する償却資産課税台帳を貴社に代わって作成・提出致します。

 

 経営計画策定業務 (MAS業務) (顧問報酬には含まれません)

貴社の将来の営業計画、人事計画、設備計画等につきアドバイスを加えながら具体的な計画を立案いたします。利益計画と資金計画を管理しながら、毎月PDCAサイクルを回して行くためのサポートを致します。