淀川区の税理士

−大和税理士事務所のご紹介−

はじめまして、代表の大和隆史(やまとたかし)です。

 

現在は、企業経営の外部環境が不透明な局面を迎えており、経営者の方々は様々な方法でこの局面を日々乗り越えるため奔走しておられるかと存じます。

販売の戦略はどうするか?マーケットはどうか?経費・人事・投資はどうするか?

経営者は日々決断を求められます。

しかしその決断の根拠は何でしょうか。その決断は将来へどんな影響を与えるでしょうか。

 

「決断」とは、その決定を行うための情報があるなかで決定することです。

 

「英断」とは、情報量が不足するなかでの決定です。

 

「決断」と「英断」 

 

経営者は時として、英断を行わなければならないこともあります。これも経営者としての力です。

ただ恒常的には、経営は的確な情報に基づいて行われるべきであると考えます。

経営者は「英断」よりも「決断」を行い、事業の成長・安定に努める義務があります。

当事務所では、経営者の方のために必要な「現在」そして「未来」の数値を明確に示し、経営の舵取りのために必要な情報を提供してまいります。【経営計画策定業務】では、貴社の売上、仕入、経費、投資、キャッシュ等につき全体的な経営サポート業務を行っております。

 

  【経営計画策定業務

 

「経営計画」と言われて、難しいと思う方もおられると思いますが、例えば、将来のキャッシュフローがどうなるか・人事考課制度変更の影響はどうなるか・役員報酬の変更が会社に与える影響はどうか等、会社を経営していくうえで関係してくるものはすべて経営計画に繋がっています。営業体制をこうしたい、売上をこうしたいと考えることは重要です。しかしその舵の切り方が正しいかどうかを検証することは、より重要です。船が氷山にぶつかってからでは遅すぎます。私は、社長の考える舵とりのサポートをおこなっていきたいと考えております。

将来の経営状況について不安がある、現在の経営方針で間違っていないか不安がある、という経営者の方は、未来の会社経営について私共と確認していきましょう!

 

 

 

  【経理合理化業務】

また、当事務所では個人事業・法人企業の経理、税務、総務、労務等の業務についてできるだけ効率化を図り仕事の速度を上げ、それにより生じた時間・人員を有効活用することで収益の増大・経費の節減を目指していく方針を取っております。

 

しかし、闇雲に効率化合理化を進めることは危険です。全体の業務フローを常に意識し、一定のルールをつくることも時には必要となります。 できるところから、場合によっては時間も十分かけて行っていくことが重要です。

一般の中小企業においては、ヒト、モノ、カネ、情報といった経営資源が不足もしくはギリギリの状況での経営環境に置かれています。間接部門の業務効率化で時間的・人員的な余剰が生まれれば、この経営資源不足の問題も解決できるかも知れません。効率化が実現できれば実質的に売上増大又は経費削減と同じ効果が得られます。

 

 

 

eyes0907[1].jpg

 

−当事務所の経営理念−

【中小企業の繁栄に貢献し、日本経済の土台を支える】

現在日本には7万人ほどの税理士がいます。皆、税理士ではありますがやり方はバラバラです。会社に入り込んで、社長の声と従業員の声を聞き会社の方向や財務面でのサポートをする人。社長の声だけ聞きトップダウンで決めていく人。税理士としてどちらが正しいかはともかく、私は、会社というのは社長だけのものではないと考えています。確かに社長は創業から大変な思いをされて作り上げてきたことは事実です。しかし社長だけでは会社は成立しません。従業員の方たちの協力があってはじめて成立するものです。従業員は「単なる手足である」という意識では、事業の安定も覚束無いことだと思います。 長期的に見ればESがあってこそ、CSが生まれるものだと考えます。

同じように、社長に「教えてやっている」という意識の税理士、現場の声を聞かず自分だけは安穏とすごす税理士には、私はなりたくありません。 一口に税理士といっても様々です。

「会社が繁栄し、経済が良くなる一助になる」

そんな役目を目指しております。

 

 

 

 

     → お問い合わせはこちら