淀川区の税理士

節税に種類があるのはご存じですか?

 一口に節税と言っても、実は大きく分けて4種類の方法があります。

  

1.利益の繰り延べ節税

2.永久的節税

3.含み益作り、含み損確定の節税

4.浪費支出的節税

 の4種類です。

 

        具体的には以下の通りです。

 

1.利益の繰り延べ節税

この方法は、納税を後にずらしていく節税です。

例えば、減価償却資産の特別償却や圧縮記帳などのことで、当期の経費を多く計上することにより今期の税額を減らすというものです。ただし次の年度以降からは償却費が減少するので、償却資産の耐用年数をトータルで考えると結果は同じになりますが、効果的な節税です。他にもこの種類の節税方法では、セーフィティ共済、オペレーティングリースなどの方法も存在しますが、基本的な仕組みは同じです。「当面の税金対策」には使えます。

 

 

2.永久的減税

これが本来の節税です。設備投資の税額控除を使ったり、交際費が交際費にならない方法を使う、必要条件をそろえて経費を増やす、などの節税です。普段の会計処理を正しく行うことでこの方法は可能になります。この方法はもれなく使うべき方法です。

 

 

 3.含み益作り、含み損確定の節税

含み益作りというのは、将来収益を生み出すために、人材教育を行ったり研究開発をしたり広告宣伝をする費用を計上することで節税する方法です。キャッシュは出ていきますが長い目で見ると効果的です。また、含み損確定というのは、価値の下がったゴルフ会員権や不動産を処分することで損を確定させる方法です。(税務上、実際に損失が発生しないと損が経費で認められません)

 

 

4.浪費支出的節税

これは節税ではありません。決算が近づき思わぬ利益が出てしまった場合、とにかく目先の税金を払いたくないばっかりに、余計な支出をしてしまうことです。これをやってしまうと確かに税金は減りますがお金も減ります。結果、資金繰りに悪影響を与えてしまうこともあります。「生きた」お金の使い方ならば将来返ってくるでしょう。その支出が本当に必要かどうか熟慮が必要です。決算期が近づいたからといって備品の購入や決算賞与を行う前に、もう一度長い目で資金繰りや経営状況を見直しましょう。

 

 

以上が節税の種類です。節税のことばかり考えて逆にお金を失ってしまっては元も子もありません。その節税によりトータルでどうなるのか、将来的にはどうなるのか等、うまくタックスプランニングを行っていく必要があります。今の税制では基本的に、税金を払わなければ会社の内部留保を厚くすることができません。私は、余計な税金を払わず強い財務的体質の会社をつくっていくために、皆様にご協力していきたいと考えております。

 

 

 

節税には「ウルトラC」の方法はほとんど無いと考えます。広告などで「税金を安くします!!」などというもののほとんどは自社の保険商品を売るため等の広告です。日々の帳簿を調べて使える方法を検討しなければ、実質的な節税の提案できません。当事務所では節税に関するノウハウを駆使し、可能な限りの節税に取り組みます。一般的に言われている節税方法というのは、我々税理士からすると「できて当たり前」の節税です。怪しい情報に左右される前に「普通の節税」を行うことが近道です。